t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - ハコモノ建設につき市民説明の矛盾

ハコモノ-公共施設」を浪費建設の発端は「総務省の公共施設-長寿命化提案」と思われます

・「高浜」は、これを逆手にとって「早期解体」+「倍額建設」を強行に切替えは浪費と市民無視…!

「解体理由」は「まちの人口推移」-「将来、人口激減により税収も減少」は「施設管理が重荷」と…     

 

今にして思えば「人口激減」の説明に、都合がいい「全国動向」を安易に持出し、これを、市内全域で

 開催された「市民説明会」にて説明は、正に、典型的な裏切りであり「高浜-破壊」の始まりでした…

 不適切な作為による「人口推移」や「施設方針」を再検証します 

 

--- 「市民説明会」---☆---

H27年 秋 - 「高浜の公共施設のあり方を考える」と題して「市民説明会」が開催されました

・説明資料 - [検索]:「高小学区」- https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1767.pdf

・説明会 -  H27年11月~H28年1月 - 各学区にて開催-参加-約600名(1.3%) / アンケート-320件

僅か「320件 - 0.6%」のアンケートで「市民の賛意」を得たと、ご都合主義は残念な裏切りでは…

 

更に、賛成意見は「財政削減」が根本的な賛同要素 -「財政効果破綻の倍額建設」では無いはず…

 都合のよい部分だけ切り取り、市民を欺き強行はいかがなものか…

 行政の都合に合わせた市民説明会・アンケートも情報操作されてます

  

 <当時の説明会案内>

f:id:t2521:20210315100409p:plain

次の疑問は「庁舎-リース事務所で建替え」の説明を一切、省かれた事…「11月-リース事務所-着工」

 市民の夢・希望・誇りのシンボルを「リース事務所」とは… 残念です

「リース事務所」は事前説明会は一切実施されず事後説明も裏切り…

  この「説明会」も着工3ケ月前は決定通知 -「参加市民-40名」の少数開催で説明責任を果たしたとは…

   そういえば「高小-倍額-50億円建設」の説明会も「高小学区-保護者限定」- 説明対象を限定されました

「市民」に有無を言わせぬ仕掛けを構築も不適切な私物化の証しです

  

 

---「人口-長期推移」の疑問 ---☆---

市民説明会の資料では冒頭「わが国の総人口の長期的推移」を説明され「将来-人口激減」と説明。

・よって「税収」も激減し「市財政は困窮」となり「公共施設-管理費」も削減のため施設削減が必要

この説明会後、市民の了解を得たと「早期解体」+「倍額建設」を強行され現在に至っています…

  

この説明会の問題は「人口激減」の根拠に「全国推移データ(下表) を採用し説明されたこと…

⇒「全国推移」と「愛知県や高浜」の人口推移は、全く異なることは、行政であればご承知のはず…

 

・数百万円の血税を投じ「アシタの高浜研究所」に人口ビジョンの策定を委託も 説明会では使用されず

 

人口推移は「2010年:2060年」-「全国 -33% 減」に対し「高浜-103%」- これで施設解体は暴政

      (*実は「R2年-高浜-人口ビジョン」は「2010年-45,163人」対「2060年-49,599人」は「10%増」) 

 「市民説明会」で、市民を騙した説明強行は不適切な裏切りの証し

 業者優遇の機会創出に「ウソ説明」は不適切な浪費と市民を犠牲

 「説明会」の4か月前に「市広報」で高浜-人口ビジョンを公表されていたのです - 人口激減は無いと…

 

<人口推移 - 全国>  *H27.11説明会        <人口ビジョン - 高浜> *H27.7広報-アシタの高浜 

f:id:t2521:20210315110151p:plain   f:id:t2521:20210315110540p:plain

 

「高浜人口」は全国傾向とは真逆の「増加」- これで「税収-激減」はウソも方便と不適切な説明では…

・かつて、旧庁舎-大規模改修も37億円も要すると -「リース」強行のため「大ウソ説明」されました

f:id:t2521:20201213110540p:plain ⇒ 事実は「大規模改修-33億円」より「38万円」安いと契約

しかし、この「33億円」も、実は「総務省単価」をベースとする水増し見積と思われます

⇒ 「庁舎-実施方針」には「大規模改修-14億円」と記述されているのですから…

 

 これで「公共施設」を早期解体は「もったいない浪費」では…

  「早期解体」に都合がいい「全国動向」を安易に持出し、市内全域での説明会に利用は詐欺同然!!

    公然と市民を裏切り説明は「行政」のあり方も逸失されたのでは

 

 

<総務省-人口推移分析の事例> 

「人口問題研究所」が分析の人口推計でも「人口減少」が少ない自治体は「東京・神奈川・愛知

これを「市民説明会」に「全国推移」で説明し「早期解体」+「倍額建設」は不正同然の裏切りでは…

 

f:id:t2521:20210315112527p:plain

 

●「財政困窮・財政削減」と言われながら「民間分院-60億円」「かわら美術館-累計100億円」まだ利用

 可能であった「中央公民館-築36年」「旧庁舎-築40年」を早期解体を強行こそ不適切な浪費の証し…

・更に、代替施設を「倍額建設」-「リース事務所-30億円」や「高小-倍額-50億円」は業種優遇建設

「高浜」財政困窮の最大要因は「財政運営」を失政の積み重ねでは…

 

 

---「施設面積-削減」の疑問 ---☆---

●「高浜」の施設面積は現状でも全国-自治体の最下位 - 公共施設の市民一人り面積「約2.5㎡」は削減済!

「全国平均」の人並の「公共施設」の恩恵を享受には「面積拡充」があり方では - 「全国平均-3.6㎡」

「高浜」-公共施設を「縮充」は「財政効果」も「必要性」も疑問です

 

 

・「施設-削減済み」を「早期解体+倍額建設+長期維持管理」を民間業者-独占契約は破格の優遇の仕掛け

「ウソ説明」までして強行は不適切なハコモノ管理であり私物化 - 「高浜」破壊です

<東洋大調査-2010年> 「自治体-人口-42.5~45千人」の公共施設の面積 - 「平均-5.17㎡/人

f:id:t2521:20210315225542p:plain

     ▲ 

 「高浜-最低」- これ以上の面積削減は「市民生活」も破壊です

  業者優遇を改め、独占方式の維持管理の不適切な契約を改めること

     市外の業者優遇を改め市内業者さんに還元を図る事がお役目では…

  血税建設のハコモノを長寿命化し大切に維持管理があり方です… 

 

●「瑞浪市」は「施設面積-4.8㎡」-「人口3~5万人自治体-全国平均-4.8㎡/人」- 高浜-2.5㎡/人は過少

<「みよし市」の公共施設管理資料>より抜粋    <「瑞浪市」-公共施設管理資料> 

f:id:t2521:20210307135533p:plain  f:id:t2521:20210315224418p:plain

        

近年、高浜行政や議会は「P (計画目標) - D - C - A方式」による施政運営に取組まれてると聞きます

・しかし「公共施設-市民一人当り面積」の適正適切な削減目標につき公表値は無いと思われます。

目標値無き「面積削減」は暴走 - 市民としあわせな市民生活が犠牲

 

 全国最低の公共施設面積を更なる削減強行は市民生活を破壊です

 財政運営や業者優遇の浪費の失策を市民に押付けはあり方から逸脱

 

  「高小-倍額-50億円建設」したと「狭小-サブアリーナ使用料-倍額設定」にも困惑しています…

  「サブアリーナ」は施設面も運営面も問題山積です - 体育センター早期解体は過ちのハコモノ行政です

    無謬 (むびゅう-間違いの無い) の施政の実現は小市民の切なる願いです・・

  

     (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸