t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 暗黒議会 - コロナ対策も図書館閉館も裏切り

「コロナ感染」が拡大しています。連日、高浜-感染者数は「30名超」…

・「コロナ対策」として「ワクチン接種」だけでは防ぎきれない事も明白です

⇒ 今年-1月4日以降の感染増加率は、碧海五市では「高浜-トップ」は残念!!

  市民犠牲の感染対策、脆弱な医療体制が露呈では…

 

<感染状況>

西三河 人口-千人 感染-27日 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6 2,344 1.54%   627 0.41%
安城 190.1 2,729 1.44%   761 0.40%
知立   72.3 1,354 1.87%   368 0.51%
碧南   72.8 1,420 1.95%   446 0.61%
高浜   49.1    921 1.88%   305 0.62%
合計 536.9 8,768 1.63% 2,507 0.47%

 

 

---「医療」も「ハコモノ行政」も残念だけ ---☆---

「中央公民館-築36年」を早期解体は「民間分院」から解体要望を受けたもの…

・市民、特に「発表会」を毎年実施の幼稚園から小中高生は止む無く市外施設を利用

驚きは「行政は、これが定住自立圏構想のあり方」と推奨されたこと… 子供も犠牲!

 行政サービスの低落を自ら肯定は無責任の証し…

 「暗黒施政」は市民を裏切りも限度を超えています

 

 

「民間分院」には「K市市民の倍額補助-60億円」を強行も裏切りです。

・「財政貯蓄」が無くなったと「リース庁舎」とは前代未聞の更なる裏切り…

更に「施設費」は、相場は10億円弱を「20億円」も投入は不適切な水増しを強行

「暗黒施政」は高浜財政をも私物化されています

 

● 更に、「リース事務所」の維持管理まで、一括委託は悪さも限界を超えている証し

なぜ「高浜総合サービス (高浜出資-100%)」の会社に、リース会社経由なのか…

・これも「高浜-財政」を私物化されている明白な悪さの証しです 

  高浜施政は歪んでます…

 

 

---「図書館問題」---☆---

「図書館-閉館」は 知も暗黒時代の始まり 

 「全国-三例目」を目指す必要があるのでしょうか…?

「リース事務所」は「10億円」もの過剰な水増し建設を強行は裏切りの連続です

 決して財政困窮ではなく、その裏に不適切な企み…??

 

 

<「日本図書館協会」-「図書館の自由に関する宣言

●「高浜」は国策も無視の施政を強行は独裁施政であり、暗黒時代に突入の施政実態…

・「美術館 - 築27年-90億円投入」を「公共施設推進プラン」では「R3年-民間譲渡」

これを計画失敗の次は「図書館を早期閉館して美術館に図書室づくり」を強行。

・「リース」は水増し10億円投入の裏切り。またもや図書館-閉館は裏切りの連続です

 

「図書館-閉館」は、憲法に定められた「国民主権」の原理も無視 - 暗黒施政の証し

 [検索] :  図書館の自由に関する宣言 (jla.or.jp)

 

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。』

 

1. 日本国憲法は主権が国民に存するとの原理にもとづいており、この国民主権の原理を維持し発展させるためには、国民ひとりひとりが思想・意見を自由に発表し交換すること、すなわち表現の自由の保障が不可欠である。


 知る自由は、表現の送り手に対して保障されるべき自由と表裏一体をなすものであり、知る自由の保障があってこそ表現の自由は成立する。


 知る自由は、また、思想・良心の自由をはじめとして、いっさいの基本的人権と密接にかかわり、それらの保障を実現するための基礎的な要件である。それは、憲法が示すように、国民の不断の努力によって保持されなければならない。

 

---「高浜-図書室」に転落は憲法も無視 ---☆---

「高浜図書室-構想」 - 図書館-早期閉館は「知る」権利を剥奪の悪さです

・「高浜市立図書館」の蔵書は「約21万冊」- これを図書館の書棚には「8万冊」…

これを「開架・排架」と表現とか… 開架-8万冊も少なく、開架率-38%も過少

・折角の市民の知の財産を倉庫に6割超も保管は非効率的なハコモノ管理の実態です

 

・驚きは「美術館」に図書室を作り「開架数-2万冊」に削減を財政削減策とする事…

この「美術館」の施設維持のため、将来、また30億円もの巨額投入の計画浮上…

「美術館-民間譲渡」-計画頓挫も無視の無責任施政は疑問 

 

  結局「知の財産」は倉庫 - 施設維持に数十億投入の矛盾 

「リース」同様、業者さんだけ優遇の施政は市民が犠牲 

  

 

---「高浜-施政の実態」 ---☆---

正に「数の力だけの暗黒議会」は「高浜」- 破壊!!

 と同時に「民主主義」も「高浜」は崩壊の独裁化…!

 

・「早期解体・倍額建設・倍額補助」は高度成長期の手法

業者さんには過剰な倍額優遇、市民には倍の負担を強要

 

自ら定めた「大家族たかはま」宣言も無視は形骸化…

・善良な市民を騙し、徴税と苦役の道具化だけ…

    

 「高浜-暗黒時代」から脱却は市民の気付きです

 市民一人ひとりが施政に関心を寄せることのようです

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸