t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 地方自治のあり方 - 暗黒議会

町内会役員を経て、住民運動に発展したのは「中央公民館-築36年」を解体問題から…

・「民間分院」から「中央公民館」を解体して「新分院」を建替え移転という前代未聞

 の要求を高浜行政は承諾したという暴挙が住民運動の契機となった。以来5年経過…

それまで自治体運営に親愛と信頼を寄せていたが中味を知れば知るほど裏切りの連続

 市民」を裏切りにも限度を超えています 

 

数年の活動後、19年-高浜市議会議員として「倉田りな氏」を推挙して当選に至る。

・そこで確信したのは、「高浜施政」も「財政」も私物化で強行されていること。

・「議会」は最大多数を占める与党は「行政応援団」として「監視機能」も放棄と判明

典型的な事例 -「旧庁舎-築40年」を解体 -「リース-30億円」は つくば市の3倍負担!

 残念な証しは「情報発信」も少なく「施政情報」を隠蔽

 

「リース-30億円構想」や「高小-倍額-50億円」は行政の独断で立案が裏切りの証し…

・「大家族」と言われ、高浜-財政は私物化で業者を過剰に優遇の裏切りの連続です

「市民」の要望は「財政困窮」「予算が無い」の断り口上が常となっています… 

「高浜」は、誰のための “まちづくり" なのでしょう…

 

「倉田議員」は、不合理な施政と闘いの場に引き出され孤軍奮闘しているのが実態…

・この闘う方策として「裁判」という法制度を多用している。もう、片手を超えてます

   今では、高浜-行政も議会も「暗黒時代」に突入と確信

 

----------------------------☆---

そんな折、下記のブログを見つけました。真に何か見えない力に導かれた思いです。

・神奈川県湯河原町の女性議員の実態であり、実に「高浜」と酷似の実態は残念だけ…

 

 [検索] : 「議員になってもいじめられるだけ」新人ママ議員が見た“暗黒議会”とは (buzzfeed.com)

 

また、この記事を確認された福井県の市民の指摘が的確と思われ紹介します。

 

 [検索] :  「議員になってもいじめられるだけ」坂井市議会もイジメ?あり - 吉田しょうじろう(ヨシダショウジロウ) | 選挙ドットコム (go2senkyo.com)

 

●「見出し」だけ列記抜粋します。残念なのは、正に「高浜」も同様同類であること…

1.  議会の硬直化・前例踏襲主義

2.  議会の非公開性・秘密主義

3.  気に食わない議員には数に物を言わせた懲罰 ! ・いじめ体質

4.  最後に    ・「地方政治の実態として、どこの議会も閉じているという現状だ」

 ⇒「開かれた議会にし、市民の目が入るようにする - 地方自治の前提なのだ… 」と…

 

----------------------------☆---

倉田議員が「フレンド公園」の運動部活を見学したのは不当と「政治倫理審議会」…

・まるで裁判のような「審議会」- 第一回の「審議会」は公開。以後「非公開」…。

驚きは、審議会は当事者の「倉田議員」も締め出して「密室審議」を強行とか …。

   江戸期以前に逆行の封建施政では… 傲慢な証し… 

 

昨年は「裁判出廷日」に日程調整されたと思われる「委員会」を議長承認にて早退。

・数日後、これを不適切と多数派工作にて「問責決議」までに発展も不適切な議員潰し

 (*従来から「早退届」は規則制定なく議長と事務局に口頭連絡で可だったようです) 

 

 正に「数の力だけの暗黒議会」は「高浜」- 破壊!!

 と同時に「民主主義」も「高浜」は崩壊の独裁化…!

 

 

---「ある地方議員のブログ」- 土佐日記 - 抜粋 ---☆---  2010年 03月 29日

「問責決議」は無意味行動

 

近頃「問責決議」とやらが地方議会で頻発していると聞く。

・レベルの低い議会ほどこの「問責決議」というものをやる。

・よくあるパターンは自治法132条(品位)を理由に「○○議員の行動は品位がないから反省して欲しい。辞職を勧告する」とか・・・。

・しかしこの決議を可決しても法的には全く拘束力がない。無意味な時間潰し…。と…

 

「問責決議」の次は「政治倫理審議会」残念な施政の証し

 

 

結果「財政運営」も「ハコモノ行政」も失敗の連続!

・「議員」は市民の代表だから「俺の声」が市民の声と市民無視は私物化の証し

「ごみ立当番制」を四半世紀も改善改革無しで市民に強要が市民無視の証し

  県下では「高浜」だけ継続も劣悪な私物化施政の証し

 

 

「図書館-閉館」も 知的-暗黒時代の始まり 

 「全国-三例目」を目指す必要があるのでしょうか…?

「財政困窮」であれば「公共施設」は長寿命化があり方 

 

・全国にある公共図書館は「3千3百棟」- 図書館-消滅閉館は財政破綻夕張市」、

 そして「常滑市」… 次に「高浜」- なぜ、三例目をめざす必要があるのでしょう?? 

「リース事務所」は「10億円」もの過剰な水増し建設を強行は裏切りの連続です

 

・「常滑市」は「10年以内?」に「中央公民館と文化会館・図書館」を復活再建予定…

「高浜」は「早期解体」「早期閉館」だけを強行施政は行政サービス低落です

 まったく納税者-市民を馬鹿扱いの行政は裏切りの連続

 

「早期解体」「倍額建設・倍額補助」は高度成長期の手法

業者さんには過剰な倍額優遇、市民には倍の負担を強要

 

  施政結果 -「住みよさ-310位」が 市民犠牲の証し!

・結果「全国-310位」を良しとし、進歩も改善も停滞 - 市民が犠牲を強行では…?

    (*参考 - 住みよさ -「刈谷-38位」「安城-97位」「碧南-46位」とは雲泥の差 )

⇒「他市は関係無い」と劣悪な施政を強行は市民を犠牲の施政であり行政サービス低落

 

    これを「大家族 たかはま」とは言葉だけ…

   - 善良な市民を騙し、徴税と苦役の道具化だけ…

 

    今後の課題は「市民意識」の覚醒です - 気付きです

 「高浜-暗黒時代」からの脱却です

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸