t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設の縮充は失敗! - Ⅱ (たかぴあ) 

「高浜」の公共施設計画 - 「縮充」は絵に描いた餅同然の失敗を強行は"まち"を破壊!

「中央公民館-築36年」- 民間分院の要請を受け早期解体。更に、60億円補助を強行!

・「庁舎-築40年」-「リース」は狭すぎたと分離分割は反縮充 - 10億円も水増し契約!

「維持運営」も20年間 - リース業者が独占 - その請負先は「高浜総合サービス」… 

・従来「直接契約」を、「リース社 ⇒ リース下請 ⇒ 高浜総合サ」に丸投げ発注!?

・「高浜総合サ」は、高浜市が100%出資の会社のはず - この間接発注の財政効果は

     まさに私物化の成せる業 - 市民を裏切りも平然…

    リース-10億円水増しに加え、計-19億円超の支出です 

 

 

●「高小-築57年」-「縮充」と面積半減は不便な施設 - 使用料-値上げは市民は犠牲

・「施設面積」を半減なのに「使用料」を値上げは施設利用者をも財源化しています

高浜小の建替に50億円の倍額投入 - 更に、維持管理を15年間も特定業者が独占…

・つまり競争入札を排除して工事独占の仕掛けを構築となりました… 約6億円を独占!

 

・この施設方針も「高小」だけ - 他の小中学校は「縮充」なのに20億円代で建替計画

更に「施設寿命 - 築60年」を、いきなり「築90年目標」を打出しもデタラメ!

・つまり「高小」だけ築57年で建替 - 他の小中学校は30年先に建替計画を先延ばし…

 

 公共施設計画は百年の大計があり方を思い付き強行

    その背景に特定業者の過剰優遇策がうごめいています

   

   従来方針「総量圧縮」後に「長寿命」も頓挫の模様…

  公共施設の最大面積群は「学校」です - この面積圧縮が最優先課題をも放棄!!

 「高浜」百年の大計をも放棄 - もともと無いのかも…?

 

「高浜」は特定業者の優遇を優先し「総量削減」後に「長寿命」の方針逆転を強行

・中央公民館-築36年・市庁舎-築40年・青少年センタ・体育センタも42年で早期解体…

・「リース庁舎・高浜小」は倍額建設 - 合計-80億円事業となり財源枯渇でしょうか…

「高小」以外は、急遽、施設寿命を90年と根本方針を変更はデタラメの計画強行

  正に、高浜-破壊のハコモノ計画となっています    

 

 

---「高小-縮充」の失敗例 ---☆---

●「高浜小」だけ「倍額-50億円建設」は失敗の始まりです…

・「中央公民館」の早期解体も失敗 - 代替施設の準備無く、高小-体育館は4年後に竣工

つまり「中央公民館-年間利用-7万人」に説明もされず犠牲とされたことは独裁施政

 

「中央公民館」の会議室-14室を、「縮充-たかぴあ-4室」に削減も疑問です。

・「高小-倍額-50億円」は「面積-半減」も財政削減の効果も無く縮充失敗の証しです

11月-「たかぴあ」利用率は「10%」- 中央公民館の利用率-13%より低率

 

●かつて「公共施設あり方計画」は「公民館」利用率-30%以下は不適切と解体理由に

・「たかぴあ」利用率は「10%」でも適正適切とされる根拠は説明もされず不可解

「倍額-50億円の狭小の集会室」は使いにくい証し - 市民が敬遠する"たかぴあ"

 

  こういうのを「名前負け」というのでは… 

・「地域交流施設-集会室-4室他-僅か850㎡」が "高浜の理想郷" なのでしょうか…?

 

 

「公共施設」の利用を「セル」という単位で表すようです - 「1時間」=「1セル」

・「中央公民館-年間-約6千セル」対「たかぴあ-集会室-約2千セル」という低落ぶり

これが「縮充-倍額-50億円建設」の成果とは、失敗失政でありデタラメの証し 

「縮充」+「倍額建設」は失敗の極み - 高浜を破壊です

 

 

<「高浜・公共施設あり方計画」より抜粋>   *利用率-13%は低いと解体されました

 

 

今回、「高中」が、11月3日、サブアリーナを占拠も狭小さが原因のようです

・「高中」行事は恐らくメインアリーナが「主会場」- サブアリーナは「控室」と推定

・つまり「たかぴあ」は使えない施設のようです - たかぴあ-利用率-10%は がら空き…

11月3日も、どの団体からも施設利用の申込み予約は無いようです…

 


 

このため「毎週-木曜日」に定期的に利用の「運動愛好市民」は排除となったのです。

・「市-唯一の運動施設-サブアリーナ-約900㎡」のため代替施設もありません。

思えば「体育センター」や「勤労青少年センター-(体育室)」も早期解体は失敗です

 

・「野球場」-駐車場拡張のため「体育センタ-築42年」を早期解体とは"もったいない"

早期解体は「巨額の資産価値ある施設」を、血税で破壊であり、地球環境保護も無視

 余りにも独善的な施政施策であり、特定業者を過剰優遇は財政私物化の独裁です

 

「高中」が「メインアリーナ」にて行事実施は当初の狙い通りでようやく実現。。

・かつて「市民ホール」は「年間-2千セル」対「高小-ホール-百セル(推定)」も残念

出来れば「メインホール」のみで行事実施が希望ですが狭小では止む無しか…

・「市民ホール」は高浜の文化芸術の殿堂でした - これを破壊は蛮行とも言えます 

「市民ホール」の音響環境は、とても高小-体育館で補完できるものではありません 

  この残念な施設に50億円とは失敗も限度を超えてます

 

 

「公共施設 - 縮充計画」は 高浜を"破壊のまちづくり" 

 「高浜」を、全国最低を目指す"まちづくり"に市民は納税となっています

納税者からみれば、その費用対効果は、やはり最低です…

 

<「高浜施政」の実態例>    *再掲 - これが高浜の実態です。これが適正適切…?

・「納税額」は同じと説明し、この施政結果は、市民を裏切り同然…

碧海五市  刈谷  安城  知立  碧南  高浜
ごみ立当番制    無    無    無    無    有
町内会-加入率-%    66%    78.8    71.9    72.8   53.6
施設面積-1人当り    3.6㎡/人      2.7      2.2      3.7     2.4
職員数-千人当り    7.1人/千人      5.9      6.3      6.2     5.0
住みよさ-2022年      59位   139   370    90    501

 

・残念なのは、これを「善政」「適正適切」と肯定する議員さんが多数、存在すること

これでは行政の思うがまま - 高浜財政を私物化され、過剰な業者優遇も続くだけ…

 

 「住みよさ-501位」に転落が過ちの施政の証し

    (* 愛知県高浜市|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」 (sumai1.com))

 

 

リース庁舎」は「10億円」もの巨額を水増しは凶行 

  公共施設の建設運営も私物化強行 - 特定業者を過剰優遇

 

「縮充」は 市民を選別する仕掛けを発揮となってます

つまり「自由」「平等」「公平」をも欠落の施政が強行されてます- 独裁施政

 

「大家族」を表明する施政は舌先三寸 - 実態は裏切り施政

 

  結果 - 公共施設の「縮充」は「失敗-破綻」が明白です

   失敗の施設運営を今後-90年間も継続は ありえません

 小都市「高浜」の「かわら美術館-2百億円」投入も独裁

   (*「美術館-築27年」-着工以来-百億円投入。更に継続強行は「百億円」加算です )

 

  「高浜」は"破壊のまちづくり"が強行されてます

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸