t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - まちづくりの疑問 Ⅱ

・前回に引き続き「住みよさランキング」を基に施政施策の課題の抽出を試みます…。

公共施設は血税を活用する限り「市民」に丁寧な説明が必須条件ではないでしょうか

・納税は「行政」に進呈では無く、施政に活用すべく委託金と思うのですが …

・施政に関心を持ち、分かったことは「公共施設は巨額の浪費」そのものであること…

・例えば「かわら美術館-築25年-累計90億円超」- これを数年後に「民間譲渡」とか…?

この血税の無駄遣いの連続が高浜施政の実態のようです … 市民の信頼を裏切り …

 

・「民間分院」に経営移譲を決定としながら「既に30億円超の経営補助」、更に敷地用地として「中央公民館-築36年-資産価値7億円-年間利用7万人」の市内最大の公共施設を、代替施設の準備も無く、早期解体し「分院建替え-20億円補助」、更に「経営補助-3億円」を追加…更に「借地料」や「固定資産税も市(市民)負担」とか …

民間分院 -「市民には厳しく、民間企業には至れり尽くせり」の典型的な事例です …

 

--- 「住みよさランキング」 ---☆---

このような施政では、「大家族」の「住みよさ」づくりは疑問しかありません。

・「住みよさランキング」にて、様々な課題と思われる要素を取上げてみます。

    [検索] :  市区郡一覧|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」

  

---「まちづくり」課題 ---☆---

■「基本情報」からの気付き 

・「出生者数」- 天の授かりものですが、産婦人科医も少なく「出生環境」が問題では?

・「人口構成」- 高浜の人口比率は他市と比較し「若い街」であると分かりました。

「公共施設のあり方を考える」説明会と矛盾しています。虚偽の説明で早期解体か?

     (*市は目的のためには「嘘も方便」のようで、説明会を鵜呑みは危険のようです )

 

■「住宅・自動車」

・「納税者所得」- 刈谷と比較は不適切かも…。しかし、施政として対策は必要では…?

・「空家率」- 10.1% (694位) - これでは放置…?  防災・防犯上も対策措置が必要です

・「持家率」- 59.8% (673位) - 集合住宅も含め、戸建住宅への建設補助が必要では…?

        (*民間分院には累計-60億円補助。市民の住宅補助策こそ充実すべき課題です )

・「水道料金」- 生活ガイドでは「月 3,332円 - (579位)」と高額は維持継続のまま…?

・「自動車」- 近隣市では「ハイブリッド」や「電気車」の購入補助制度が有るはず…

   (*今後、益々「環境政策」が必要なのに「環境宣言」はもう終りは疑問の施政方針 )

 

■「育児・教育」

・「待機児童数」-「40人」が事実なら、今どき信じられない無策ぶりが明らか…。

・「中学-生徒数」-「32.2人」- 26位と全国トップ級の喜べない多さは生徒が犠牲!

「教室-児童・生徒数」の適正削減も考慮すべきです。詰込みは教育の低劣化です

 

・「公園面積」- 2.4㎡ (757位)は論外では!? 他の自治体は「山間部に市民の家」も有り

「財政力-83位」- 行政サービスを削減縮小の成果なのかも…市民が犠牲の証し…?

・この全国上位の「財政力」は「大家族」では無く「民間団体」に活用なのかも…?

 

■「健康・医療」

・「医師数」-「6人/万人」(802位) - 医療施政施策の失策では…?  防災上も大問題です

・「介護保険料」-「福祉の街」の成果効果が見えないのです。保険料が高いだけ…

市方針は「今後の介護は自宅療養」を目指しているとか?  保険料の使途が問題です  

・「国民健康保険税」は、西三河で最高額とか?  「大家族」は、徴税の道具化です…

 

■ 「施政体制」

・このような劣悪な施政の原因のひとつは「職員の過剰な減員」です。

 市民千人当りの職員数 - 高浜- 4.61人 < 800位 / 815市区 >

   (*千人当り職員数 - 刈谷-6.36人<561位>、碧南-6.15人<600位>、住みよさ県第一位-田原市-9.9人<163位>)

・削減すべきは「民間企業・団体」への過剰な優遇策!   職員は増強すべきです!

     (*職員数を適性化して、適切・創造的な施政運営が可能な体制を構築すべきです ) 

 

民間分院には巨額補助! 「借地料」「固定資産税」も優遇!

大家族には納税遵守や、高額の「介護保険料」を増課税

取り易い所から、取るのが高浜の税制施政のようです

適正適切、公正公平なまちづくりを切望します! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸