t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 議会室のあり方

・「リース庁舎」は誤謬の施設建設です。これを検証してみます。

過ちの高浜-施設建設が、今後も継続は、高浜-百年の損失であり危機感を覚えます

 

・市議会のあり方を探すうちに「豊田市-HP」を見つけました。下記します。

⋄ 市議会の役割とは 

「より良い市政をすすめるために」 ([検索] : 市議会の役割と仕事 | 豊田市議会)

 

『市が行うさまざまな仕事については、市民がみんなで考え、みんなで話し合って実

 行していくのが望ましいことです

・しかし、実際には市民全員で行っていくことが難しいため、選挙によって市民の代表

 を選びます。それが市議会議員や市長です。

・市議会議員は議会で市政を進めるために必要な条例(きまり)や予算を決めます。

・市長は市議会の決定に沿って、実際のまちづくりを進めていきます。

・両者はお互いに独立した立場で、行き過ぎを正し、足らないところを補い合いなが 

 ら、より良い市政を進めるために活動しています。』

この考え方が「間接 (議会制) 民主主義」の基本的なあり方のようです
 
・気づきは、本来、「主権在民」であり、「市民との対話」があり方と思われます
つまり「議会室」は「行政」と「議員・傍聴者」が向き合うのが議会のあり方では…
・しかし、「狭小-リース庁舎」の議会室の実態は「横向き」の配置は不適切なのかも…
 
--- 「議会室」の配置構成 ---☆---
・様々な国内-自治体の「議会室」の配置例を写真等で確認してみます

f:id:t2521:20200226214153j:plain f:id:t2521:20200226214443j:plain f:id:t2521:20200226214554j:plain

(・小野市-新庁舎)                 (・姫路市-議会室)                 (・愛知県議会-傍聴席)
大多数自治体の「議会室」は、「行政」と「議員・傍聴者」が対面式です
 
  市民生活を左右する「議会室」を誤謬で建設は、結局、市民が犠牲の施政です
 
---「高浜-議会室」の残念な配置 ---☆---
・「高浜」-「狭小-リース庁舎」の「議会室」をご覧になられたでしょうか?

 (*一般的な配置例-対面式)  (*高浜-旧議会室-対面式) (*リース-議会室-側面配置)

f:id:t2521:20200227003116g:plain f:id:t2521:20200226215639p:plain    f:id:t2521:20200227003544p:plain

「リース-議会室」は、最奥に「議長席」、右に「行政席」、左に「議員席」、そして

  手前が「傍聴席」で配置は「行政」「議員さん」の顔姿を「側面」から見る配置です

・「市長席」は「行政席」の中央より奥側にあり、「傍聴席」からは「姿」すら確認

 出来ない、確認しにくいという残念な配置です。

これでは「議会」本来の形からも逸脱であり、市政や議会に無関心となるのは当然!

・このように基本的な常識からも逸脱の「リース庁舎-議会室」は"異常"と思われます 

  (*通常の議会室の「傍聴席」は高低差をつけた上部設置ですが リースは同じフロア…)

 

 「リース庁舎 - 議会室」は、根本的、原理原則からも逸脱の証の施設です

  その根底は「主権在民」をも忘却されているのかも…?

 

・「リース庁舎 - 議会室」は、この無関心効果を、狙っていたのかもしれません。

施政を「行政と議会で決める」と、議員構成から行政の思惑通りの施政運営を強行

・まるで、その姿は「国会の縮図」そのものとなっています

 

・「傍聴」していても「発言者」である「行政」の姿・表情は、よく見えても横顔だけ

「発言情報」が「言葉」だけなら、議事録やネット画像で確認したほうが効率的です

・このように"異常"な「議会室」建設を強行された責任を感じて戴きたいと思います

 

  結果、これでは、高浜-施政-数十年もの損失を継続です

 高浜に、そのような悠長な余裕があるのでしょうか?   

 施政の自浄作用や軌道修正の機能は欠落なのでしょうか?

   このため監視が必要であり、市民の気付きが重要です

    残念ながら施政を全託は、自らの首を絞めることになりかねないと危機感を覚えます

 

---「高浜-ハコモノ建設」の誤謬 ---☆---

何度も申し上げますが「財政削減」と打上げ、実態は「早期解体-倍額建設」は浪費!

・「公共施設」は、高浜-未来-百年まで影響します。よって無謬が求められますが…

 

・しかし、実態は「行政と議会」で決定 -「説明責任」も果たされず建設強行は誤謬!

浪費の施設建設に「責任」も取られず強行は、市民-延べ数十万人が犠牲です

 

・それほど「市制50周年行事」が重要なのでしょうか?   疑問しか浮かびません

「ホール」も無い(解体) "まちづくり"の「記念行事」は「学校-体育館」も疑問です!?

    (*高小に隣接し「市民体育館」を同時新設なのに、なぜ、学校施設なのでしよう…

    学校-体育館を「メイン」、市民-体育館を「サブ」と呼称も本末転倒の証です )  

 

・「住民自治条例」を制定し「大家族」宣言までされながら、市民を犠牲とする、

 「ハコモノ政策」-「早期解体-倍額建設」の誤謬に高浜の未来を憂うばかりです…

 

  過ちの施設建設は今日も強行されています・・・

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸