t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜施政の矛盾 (庁舎-小野市との比較)

偶然、小野市」の記事を見つけました。小野市は「高浜」と似て非なる"まち"のようです

・「小野市」- ・兵庫県・人口-48千人 (高浜-49千人) ・[検索] : 兵庫県小野市行政サイト

 「井の中の蛙」を避けるべく多くの自治体に関心を持ち、施政施策等を知ることは大切です

 

<ある地方紙-記事> 

神戸新聞社・2020.10.21- 「公設コンビニ」小野市で着工へ 兵庫で初、買い物弱者を支援

・「高齢者など買い物弱者の支援策として、兵庫県小野市は「公設コンビニ」を開設することを決めた。 

 市が建物を建設し、住民団体が運営する。高齢化が進み、商店が少ない地区で、災害時の食料供給拠点

 にもする狙い。同市によると公設コンビニは兵庫県内初で全国的にも珍しい - 事業費は3370万円」

 [検索] : 「公設コンビニ」小野で着工へ 県内初、買い物弱者を支援|総合|神戸新聞NEXT

 

●「小野市-コロナ対策事業-総額-64億円」- 非常に大胆な施策です - 人口規模は同じなのに…

f:id:t2521:20201022230513p:plain

 

<職員数>

●「総務省」の「類似団体別-職員数」を再確認します

・全国-74の「類似団体」で「高浜」の職員数は「全国-最低」- 過剰な人員削減は施政レベルも低劣…?

「小野市」は、下表の通り「全国-4番目」- 「人口-5万人規模」-「高浜」より「職員-70人多い」

f:id:t2521:20201022225133p:plain

 

<市庁舎-建設>

●「小野市」も、最近、市庁舎を建設されました。「高浜」- リース事務所は残念な庁舎 - 20年で解体…?

庁舎 構造 階数 面積-㎡ 概算-億円 単価-㎡/万円
小野市 鉄骨-CFT 6階-地下1階 11,919  50  42
高浜 鉄骨-リース 3階   3,668  30  82

 

<小野市-新庁舎> *写真-神戸新聞-記事より - 同じ「5万人規模」の庁舎とは思えません

この庁舎建設に際し「小野市新庁舎建設基本計画」を立案され、丁寧、緻密な検討がなされています

・方針 -「郷土を愛する人たちの『夢』と『誇り』のランドマーク」~"未来のまち小野"の創造拠点~

 (*「高浜」- シンボリックなものは必要ないと「リース-事務所-倍額-30億円」は裏切りの建設です )

 

f:id:t2521:20201022232858j:plain

 

<建設位置 - 「人口重心」に配慮>

●「公共施設」の建設ではなく「まちづくり」に配慮された建設を実施されていると思われます

 

f:id:t2521:20201022233808p:plain  f:id:t2521:20201022233828p:plain

 

<小野市庁舎-面積>

「職員-350人」等を条件として「面積-1万㎡」を選定 -「高浜」の2.7倍 -「組織一体化」

「高浜-狭小-3,668㎡」は、職員収容できず「組織を分離分割」は失敗の建設 - 失政の証し  

f:id:t2521:20201022235215p:plain

 

<小野市-日程>

●「庁舎建設-基本計画」を策定され「パブリック-コメント」を確認後に「実施設計」に着手…

⇒「高浜」は「H26.5-実施方針」をいきなり発表、「H27.7-着工3ケ月前に住民説明会」は形式だけ

 まさに市民無視のリース事務所-倍額建設を強行は不信だけです

 

f:id:t2521:20201022235131p:plain

  

<小野市-財源>

注目はこの財源 -「現施政にて-52%負担」「高浜」-リースは「20年払い」は後世に丸投げ

・学校建設も「現施政負担-約4割」-「後世負担-6割」は責任所在のあり方に疑問を感じています

・特に「高小-倍額-50億円」-「維持管理-倍額-17年」の「特定業者-独占」は不適切極まりません

 

f:id:t2521:20201023001514p:plain

 

<小野市-基金積立>

今回の記事冒頭の「コロナ対策-64億円」も驚愕ですが「基金残高-90億円」にも驚嘆です

・「条例」でも「最低-70億円確保」と定められているとか… ⇒ 「高浜基金-25億円」では不安だけ

 高浜施政の浪費の積み重ねがこの結果のようです

 

<小野市-基金残高-90億円>       <高浜-リース建設は虚偽説明で強行>

f:id:t2521:20201023003059p:plain  f:id:t2521:20200828103810j:plain

 

「高浜」は「リース-事務所」建設費のメリットを、当初-市HPに上右図のように説明されていました

  (*真実は -「市が整備 -33.2億円」「コストダウン-38万円-▲0.01%」にて契約は業者-過剰優遇 )

・「竣工後」- 用済みと「資料削除-改ざん」は施政のあり方として、市民の信頼を損なうものでは…

 

   高浜施政は市民に偽りの説明で建設強行は常軌を逸しています

 偽りの説明で強行の「リース-事務所-20年-30億円」は不適切な施設

 「高小-PFI-倍額-50億円」も「財政効果」は疑問と不信だけ

   (*建替え計画 -「高取小-20億円」「港小-16億円」「吉浜小-21億円」…「高小」の半額以下 )

    市民から血税搾取だけの施政と化しています… 残念しかありません

 

   この施政格差では「高浜-市民5万人」が犠牲です

 あるべき施政のあり方を取り戻して戴きたいものです

 

 (最後まで、ありがとうございました) 「小野市」を見習って頂きたいものです… 切なる願いです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸