t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅳ (縮充) 

● 今回の「公共建築-計画」は「異常な強行」としか思えません - とても良識ある施政と思えないのです

・「縮充」-「機能は充実 (複合化) 、面積は縮小」という虚構の実態をご確認戴きたいと思います。

結果 - 「大家族」を、「納税者」を、裏切り同然の施政実態と判明したのは残念な施政です 

 

● 今回も先回同様の資料から引用検討します

「あり方を考える」- [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachme」nt/1767.pdf

 

--- 「高浜小学校」の縮充 ---☆---

● 「学校校舎」のなかに「様々な施設」を集約すれば「財政削減」できると説明のようです。

 

f:id:t2521:20200602195732p:plain

 

--- 「高小-縮充の財政効果」 ---☆---

●「高小」含め「13施設」を個別に建設すれば「50億円」-「縮充」すれば「37億円」で済むと豪語。

「結果」- やはり首をかしげる事態となりました -「施政」が「市民」を騙すなんて信じられません

 

f:id:t2521:20200602200409p:plain

 

●「実態」- 「施設」は「図書館幼稚園いちごプラザ」の3施設が中止となり10施設。

・「上記-3施設」の建設相当額は「約10億円相当」で削減効果もあるはず…?  なのですが ・・・

「費用」は、なぜか変わらず「高小-PFI-50億円」のまま …「10億円」水増しのデタラメ建設 … 

・つまり「施設-10施設」で「40億円」であろうに「50億円」のまま強行…? …その効果は …? …

 

●「PFI」とは「民間資本」の意味で「財政負担」を平準化する「均等払い」かと思いますが、実態は

  建築工事に合せた支払いで、竣工 - 2年で「37億円支払い」も疑問です… この削減効果は面積削減とか

 

● また竣工と同時に「保守点検費」も支払開始 - 15年間で「13億円」支払いも血税の削減効果は疑問 …?

毎年 - 小学校の保守点検に「約9千万円」を、定期的に定額支払いは、不適切、不当かと思われます

市は、これを「支払い-均等払い」は、財政負担が平準化できると説明の様です … ふざけ過ぎ~ …

・この「点検」も、規定以外の不具合は、別途追加費用が発生する契約を締結強行されたようです

  (*「既定の点検項目」とは、現段階では、非公表のようです )     

 

  理解出来ない事態は、明らかな「浪費」の施設であり不適切では…? 

 

--- 「面積-削減効果」 ---☆---

●「縮充」と言われ「学校」は拡大。市民利用の地域施設だけ「縮小」も不可解なまま …

「新-高小」に縮充と言われる「6施設」をリストアップしました -「地域交流館」の対象施設です。 

 

 地域交流施設 建設年 構造 床面積 劣化度
大山公民館 85年 RC 621 60
北部老人憩の家 75年 W(木造) 76 64
中部老人憩の家 70年 W 78 68
老人ふれあいの家 63年 RC 163 79
中央公民館 80年 SRC 4,091 73
いちごプラザ 75年 S(鉄骨) 307 55

 合計・平均

平均-75年   5,336 ㎡ 平均-67


●「平均年-75年」は 築45年 - 公共施設を「45年」で早期解体は血税軽視の証し - 乱暴な施政

 

●「施設面積- 合計-5,336㎡」 - 「市が多用する総務省単価で試算」-「建替費-21.3億円」相当

 (*総務省-単価は「改修費」も設定- 「25万円/㎡」-「大規模改修-約13億円」-これで全施設が改修可 )

 

●「劣化度-67」- ちなみに「高小-101」。まだまだ利用可能な証しです - これを解体強行は裏切りです

「高小-縮充」は「老朽化」ではなく、まだ利用可能な施設を早期解体は乱暴な裏切りが明白です 

 

--- 「縮充 - 地域交流館」 ---☆---

● 「地域交流館」の出入り口付近は、老若男女、児童も交流する施設は「コロナ時代」には不適切 …

・危険で使えないかもしれない施設を「倍額-50億円建設」を強行となったようです。

 

f:id:t2521:20200602205117p:plain

 

●「地域交流館の集会室」-「旧施設の面積」は「5336㎡」なのに「150㎡」に削減!! - 「3%」

・「地域交流館」と「名前倒れ」の施設建設は「名乗るのも恥ずかしい」施設 … 老人憩の家の延長 …

あたかも同規模の施設を建替えのような説明ながら、実態は「解体同然」の施設でしかないのです

 

これこそ、今後、高齢者-増加と予測のなか、この時代潮流にも反する施設建設は「まちの破壊」です

「縮充」と言われ「解体同然」-「未来の高齢化社会にも対応できない施設」を倍額-50億円は不適切!

 

 「地域交流館」はデタラメの構想による施設建設を強行は「破壊」と「浪費」です

 

・「市」は、この地域交流施設「5,336㎡」を「150㎡」を削減を「財政効果」と言われるようです

「"市民ホール" を返せ」と言いたい市民は大勢みえると思います … 施政には聴こえないようです

 

公民館活動の「カラオケ・ダンス・軽運動・騒音振動」は禁止!  -「集会」限定施設が機能充実・・・?

「縮充」は元気な高齢者が増えるであろう時代には「使えない施設-遊休化」の可能性も予想されます

 

  この不適切な施設建設-50億円もの「浪費」は裏切り同然です!!

   失政のツケを市民に押し付けは「無責任」な建設です

 

● また「コロナ-対応」の「説明無し」も数か月経過 … この秋には利用開始かと思われます

「児童」と「高齢者」の交流空間を形成されていますが、 感染防止対策は万全体制が必要です 

  

----------------------------☆---

●「縮充」講演会の大学の先生は「小規模施設」から取組みと指摘に対し「高浜」はいきなり最大施設か

 ら開始という極めて乱暴、かつ冒険的な強行を開始されました。

 

・「結果」-「建設費-倍額-50億円」-「財政効果-面積削減」という支離滅裂な説明しか出来ない失政実態

 

・公民館-代替施設の面積も「150㎡」-「3室」-「集会限定」とは、何時、何処で、どのように市民に説

 明され、市民は、どのように納得合意を示したのか?   全く密室決定としか思えません … 傲慢です 

 

  その「傲慢施政」の結果が失政を招いています

  この「21世紀」の高浜の失政は、今後、公共施設と共に「22世紀」に引き継がれます  

 

「大家族-納税者」を裏切りの証しとして … 残念な限りです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸