t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 施政の「幸せ」づくり ?

「高浜」に居住して、早40年 - 施政に無関心が悔やまれます。安住の老後生活を夢想していましたが

 高浜施政の乱雑な運営には驚愕と失望 - 放任は「高浜」危ないと危機感を覚える不幸な生活に転落です

余りにも乱暴強引、血税の不適切な浪費の裏切り - その裏には「市民無視」の施政強行の連続…

 

● 今回の市民意識調査」も過去一度も回答経験無く、果たして如何なる施政効果があるのか疑問です…

・余談ですが「今年度」の市民意識調査は未実施なのでしょうか… 報告掲載されていません

⇒ 結局、実施しなくても問題無く済む調査を延々-10年も継続されてきたとは思いたくはないのですが…   

・ただ、今回、検索確認の結果、興味そそられる設問を見つけましたので取り上げたいと思います

 

● 高浜-市民意識調査 - Q.「幸せ」ですか…?   

結果は「約6割」の回答が「そう思う」と - だから高浜施政は「合格」と言いたげな設問には疑問です

f:id:t2521:20210131101950p:plain

 いったい施政の「幸せ」づくりとはどのような計画なのでしょう?

   市民生活-40年…施政施策として見聞きしたことはありません… 

 

私的見解ですが、まだ使用可能な公共施設を「閉館-解体待ち」や「早期解体」に幸せ感はありません

・かつて、子らの「中央公民館を壊さないで」と悲痛な願いも無視の「破壊大好き」の施政に落胆です 

「中央公民館-築36年」「旧市民病院-築35年」 「旧庁舎-築40年」「大山公民館-築34年」「勤労青少

 年ホーム-築43年」そして「100億円投入」の「かわら美術館-築25年」すら処分検討中のようです

 まだありました「体育センターー築43年-早期閉館」…まだまだ使える施設を説明も無く破壊の施政…

   最大の浪費建設は縮充効果も疑問の「高浜小-倍額-50億円建設」  

 「財政効果」の説明もデタラメ過ぎます…  

●「国・県」も「長寿命化してから更新」を「高浜」は逆行 -「更新後、長寿命」とは「業者優遇策」 

 

 結局、市制50年を要して築き上げたハコモノをことごとく早期解体

 納税者としては、末永く百年を目標に利用したい施設の使用権を剥奪

 市民の願い -「公共施設を利用の幸せ」を破壊は不適切な施政の証し

 

更に、市民の財産を早期破壊し、倍額で浪費建設されたハコモノの使用料を数倍に値上げは不適切…

これが施政の「幸せ」提供事業なのでしょうか - であれば、それは「過ち」であり「裏切り」です

どこに「市本庁舎」を「リース事務所」にすり替えた自治体があるのでしょう - 近隣市の笑い種です

 

  それも「倍額-30億円」を投入-わずか「20年」で早期解体の愚策

  「旧庁舎-大規模改修」-「15億円 (建設着工統計) 」を「水増し-30億円」契約は裏切りの連続です

 

   地球環境保護にも反する施政判断は不適切の極み…床面積も半減…

 まったく「幸せ」とは真逆の「不幸」な市民生活となりました

 市民に「リース料の負担」と「次期-新庁舎建設の積立」という二重の負担を負わせる不幸な施策です

  公共施設事業を過ちは財政破綻に直結です-不幸なまちづくりの強行  

 

---大府市市民意識調査」---☆---

市民意識に施政が「幸せ」という評価尺度は疑問と他市を調べてみました -「大府市」の事例です

・「大府市-調査」の設問には「幸せ」文言は見当たらず「住みよさ」を問われこれが適切と思われます

・ちなみに「大府市の住みよさ」- 全国順位は「48位」- 高浜-269位は不幸なまちづくりの証しでは…

⇒「高浜-設問」は「官能的/イメージ的」… 漠然とした設問では施政反映に具体策が困難と思われます 

(例) -・「子どもを産み、育てやすいまちだと思う」 /・「あなたは幸せだと感じていますか?

 

<大府市市民意識調査>

[検索] : ・調査票 - 市民意識調査とは|大府市      (*「高浜」-「調査票」も検索出来ない情報管理は不適切の証し) 

     ・調査結果 - 第5次総合計画期間中の市民意識調査結果|大府市

 

 ● 設問に「幸せ」文言は無く「住みよさ」を第一問とされていました。設問-40問-調査票-12頁

----------------------------☆---

f:id:t2521:20210131111116p:plain

 ----------------------------☆---

 ●「第二問」は「行政サービス」。これが適切な調査のあり方の様に思います

f:id:t2521:20210131111149p:plain

----------------------------☆--- 

第三問は「コロナ対策」- 時代の施政課題に合せた適切な設問と思われます - 高浜は無いようです

f:id:t2521:20210131111224p:plain

----------------------------☆---

第四問「日常生活での取組み」

● 第五問-「新しい生活の実践例」

● 第六問-「総合計画評価指標」

 大府市は「時代」と「市民生活」に合せた調査設問を実施と思います

 

----------------------------☆---

さて「高浜」の「市民意識調査」の設問は「H23年」から十年間、同じ設問を継続のままのようです

・昨年度より、世界が「コロナ禍」により大転換を迫られています。

・従来通りの単純な施政継続は、世界が、時代が、否定し大転換を要求しているのではないでしょうか…

「時代」と「市民生活」に合せた施政運営や調査を切望するものです

 これが市民の「幸せ」づくりとなるのではないでしょうか… 

 

「早期解体」は「時代」と「市民生活」に逆行の裏切りの施政です

 

--- 提 案 ---☆---

●「市民意識調査」の回答状況は無作為抽出-2,500人。有効回答-874人。回答率-35%…低すぎでは…

・ これを市民の総意であり意識と想定分析は乱暴な市政の一端を如実に物語るものでは…

施政に意識の高い市民の施政参加の機会とすべく「回答参加権」も設定追加されてはいかがか…

つまり、「パブリックコメント」と同じ方式を追加するものです

 

回答方法は「環境保護」や「ICT」「コロナ禍」時代に対応した新方式を採用があり方では…

環境保護策として「ペーパーレス化」を図り、回答は「ネット回答システム」が適正適切と思います

 

  *以上、ご参考までに提案させて戴きます 

 

 (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸