t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - コロナ感染率 トップは失政の証し! Ⅲ

「高浜」のコロナ感染数は、相も変わらず"碧海五市-トップ"を独走は失政の証し

⇒ 市独自の警鐘発信も少なく、国や県に右に倣えだけの感染対策は疑問です… 

 

碧海五市 人口-千人 感染-4/22 感染率
刈谷 152.6   8,792 5.76%
安城 190.1 10,529 5.54%
知立   72.3   4,390 6.07%
碧南   72.8   5,296 7.27%
高浜   49.1   3,773 7.69%
合計平均 536.9 32,780 6.47%
       

・ちなみに高浜除く「碧海⒋市」の感染率平均は「6.16%」 

これを「高浜」に換算すると「49.1千人」×「6.16%」= 「3,024人」

・つまり「感染対策」の失敗は「750人」の感染増の 市民を犠牲としています…

 市民無視の私物化施政は疑問であり残念だけ… 

 

---「コロナ情報」の発信が余りにも少ない ---☆---

・「職員数-全国最低」の行政施策は市民が犠牲です。。 

・「コロナ感染数」は、県情報を転記発信されているようですが… …

感染数-碧海五市トップなら、感染数を削減すべく更なる対策注力があり方では…

  「感染数-トップ独走」も、他市は関係無いと放置放任されているのでは…

 

 

<コロナ-後遺症>

・「東京都」は「コロナ-後遺症」に対する情報も発信されています。

     [検索] : 新型コロナウイルス感染症 後遺症リーフレット 東京都福祉保健局 (tokyo.lg.jp)

 

・「コロナ-回復後」の後遺症情報を紹介されています - 下記に抜粋しました。

 

 

・「コロナ-ワクチン接種」は漸増、感染重症患者は漸減、世界的に経済活動が復活

   傾向にあるようですが、感染者には「後遺症」を発する可能性も多いようです。

「高浜-3,773人」に対するアフターケア情報も無く、放置放任のままでは…

・「スモールシティ」に相応しい、「ちょっといいまち」に相応しい、市民に寄り添っ

   たコロナ対策施政を期待するのは不可能なまちなのでしょうか…

 

   「ハコモノ」のように過剰な優遇を市民が期待するのは無理なまちのようです…

 特定の業者だけ優遇の"まちづくり"は市民が犠牲です 

 

 

  (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸