t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - コロナ対策とハコモノ行政のデタラメ! Ⅲ- 学校

●「高浜」は 自治体運営を「虚偽・捏造・隠蔽」と「無策」で強行は市民が犠牲です。

・「財政削減」と言われ、ハコモノや学校エアコンに血税を倍額投入は私物化です…!

  (*学校エアコン -「電気式-100万円/室」「ガス式-317万円/室」は検証なく採用)

 

・今、最も市民生活を脅かしている「コロナ感染者」の 4月末の累計を掲載しました。

碧海五市で 「高浜」突出の様相実態は異様異常と無策さ…? を感じます… 

 

碧海 人口-千人 感染-4/30 感染率
刈谷 152.6    9,075 5.95%
安城 190.1  10,767 5.66%
知立   72.3    4,539 6.28%
碧南   72.8    5,411 7.43%
高浜   49.1    3,920 7.99%
合計平均 536.9  33,712 6.66%

 

・5月に入り小康状態にある今「高浜」のコロナ実態の分析対策を図ることがあり方

これが「P-D-C-A 対策」と思われますが、県や国に丸投げなのでしょうか…?

「丸投げ体質」の定着も市民が犠牲です

「全国-最低の職員数」では致し方ないことでしょうか?

「コロナ」は災害 - 天変地異の被災時も市民は犠牲だけ?

  と「コロナ」は予言予測してくれました…

 

 

---「高浜」のハコモノ-長寿命化問題 ---☆---

久しぶりに「公共施設推進プラン」を確認してみました。

・令和3年度版から、ガラリと様相が変わっていることに気付きました。

原因は「学校施設長寿命化計画」が策定されたことが原因と思われます。

 

<学校施設 長寿命化計画>

● 従来「公共施設総合管理計画」(H28年版)では、公共施設の寿命を「70年」に延長

・H29年-「広報たかはま-公共施設特集」では「解体更新」してから「長寿命」と説明

「築40年」の「中央公民館・市庁舎・青少年ホーム・体育センター等を早期解体」

 

疑問は「学校施設長寿命化計画」策定を後回し -「高小」を「早期解体・倍額建設」

・「高小-築57年」で早期解体し倍額-50億円で建替えた後に、長寿命化計画を策定

ハコモノは「計画」策定を先行し「建築工事」があり方を、逆行された業者優遇建設

・つまり「高小-倍額建設」を強行のため「長寿命計画」を延期保留されていたのでは

 

同計画の冒頭「国は、H25年 - インフラ長寿命化基本計画」を策定と記述されてます

・つまり、市はこの計画を知りながら「中央公民館・庁舎・高小」を早期解体は悪さ…

市民への説明も「早期解体・更新」してから「長寿命」とは詭弁でありデタラメ説明

  高浜施政は犯罪同然の詐欺説明でハコモノ建設を強行

 

「学校施設 長寿命化計画」では、現有の学校は「建替-80年超」に目標延長だそう…

・これに基づき「令和三年度 - 公共施設推進プラン」は改訂されたと思われます。。

何時、いかなる方法で市民に説明されたのか…?   市民無視かもしれません…

 

「学校」だけ長寿命を図り財政削減 - 他のハコモノは閉館・解体を強行も矛盾では?

・なぜ、「高小」を早期解体 - 倍額50億円の巨額投入の費用対効果は業者優遇の為!?

本当に、行政が主張する「面積削減が財政効果」と言えるのでしょうか… 詭弁では?

・「単独-建設費」より「縮充-建設費」が高額は財政効果の無い、業者優遇建設の証し

 

・ 現ハコモノ -「図書館」は、確か築42年程度… 閉館解体ではない。という事か

ハコモノ寿命-70年」と「学校施設-80年超」は施設寿命基準を二本立て…

・「学校施設」は、公共施設では無い。ということでしょうか…?

    矛盾と一貫性無き施政はデタラメの証し…

 

所謂「ダブルスタンダード」を構築され、更に築40年を老朽化と寿命基準は三通り?

・「高浜」の公共施設の寿命は時と場合、気分に応じて「40年・60年・70年・80年」の四通り

これら四案の基準を駆使して、矛盾も無視、正当性、適正適切性、公平性も欠落の異常なハコ

  モノ計画を、ご都合に合わせて「業者優遇」「倍額建設」を強行は高浜-破壊です!

 実に、思い付き、行き当たりばったり、支離滅裂のハコモノ行政となっています

 

本来のあり方は「公共施設-寿命-80年超」を策定先行後に施設を維持管理すべき…

既に、全国、多くの自治体がこの方針-施設寿命-80年を踏襲遵守されています。。

 

・大問題は「基準策定」と併行して「リース」「高小」を早期建替を強行推進した事!

結果「リース-27億円+高小-20億円」- 計47億円損害!

 

  ハコモノ行政を私物化は不適切な財政運営となってます

   結果 - "まち"と"市民生活"を低落せしめ高浜破壊です 

 

 

---ハコモノ」のあり方 ---☆---

・「中央公民館」「庁舎」「高小」「青少年ホーム」「体育センター」は維持があり方!

これらを数十年かけて「利用促進」「存続可否」を市民参画で検討があり方でした…

・実態は、「施政」の独断で「早期解体・倍額建設」を強行は不適切な私物化でした

 過剰な業者優遇を強行の好機とされたようです

 

<具体的な小学校施設の長寿命化計画による建替え時期>

・令和4年度 -「公共施設推進プラン」を基本に建替え周期を整理してみました

「高小」だけ「早期解体・倍額建設」で教育環境を拡充は不公平な不適切の極み!

 

・行政のあり方である無謬性を喪失されています - ハコモノ行政は失敗の連続です

・「長寿命化計画」を策定は「過剰な業者優遇」は、もう取り止めか…? 

 「後は任せた」という無責任判断かも…

 「高浜」を破壊尽くされた後では手遅れです…

 

<小学校の建替え計画>

・「高小」だけ「早期解体・倍額建設」を強行は大損害であり児童を犠牲です!

 市立小 建築年 建替年 周期年
高浜小学校 1959 2020 61
高取小学校 1965 2055 90
吉浜小学校 1969 2057 88
港 小学校 * 1975 2024 49 - *改修
翼 小学校    * 2001 2042 41 - *改修
           

 

・例えば建替費を比較 -「高小-50億円」対「高取小-20億円」「吉小-21億円」は差別!

民主政治による自由平等も無視の「高浜」ハコモノ行政は疑問しかありません

 

<高浜の学校面積の比較>

 高浜市立学校の児童生徒の一人当り面積は「14㎡/人」が水準レベルのようです。

・これを充足しているのは「港小・翼小」- 今回、倍額建設により「高小」を拡充改善!

可哀想なのは「吉浜小」と「高取小」- また30年以上も先延ばしとなりました…

 

・同じ税金を徴収し、これ程の不公平は理不尽であり情け容赦無き施政の証し 

  実に残念で不可解な デタラメ-ハコモノ失敗計画…  

 

 

・とうとう「児童・生徒」も犠牲のハコモノ行政

子どもを犠牲の施政は不適切な私物化の極みです…


・「小学生」も被害者に巻き込む事態となりました 

・市民は行政に隷属するものではなく主体者なのです 

公共施設も、行政ではなく「市民」の財産です 

 

・この勘違いが「縮充」と称する「倍額建設」を強行です

・令和の時代に「ごみ立当番」を強要する所以でしょう 

  結果 -「業者優遇・倍額建設」で魅力の無い施設づくり

 

  「庁舎」をシンボル機能は不要とリースは「倍額建設」

  「リース」は27億円もの大損害 - 裏切り施政の証し

 

  「美術館」は民間譲渡を失敗し「30億円」追加!

   これこそ最たるデタラメな ハコモノ行政の証し  

 「朝令暮改」にも限度があります - 行政執務は「無謬」があり方… 

 

  「高小」も財政効果無き「縮充-50億円」は失敗!

 これを「面積削減」が財政効果と説明は傲慢の証し  

  

     実に「合計-100億円超」もの大損害のハコモノ行政…

     血税を私物化 - 業者優遇だけに傾注は不適切の極み

 

  「高浜」公共施設 -「面積半減-倍額建設」は失敗です

    失敗建設を強行の繰返しは高浜「破壊」です!

  

      市民や次世代の市民は デタラメ施政の犠牲者です!

  

 

    (これは警鐘です。 最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸